西海製材所

画像の説明

画像の説明


画像の説明


西海製材所は、間伐作業により生産された丸太の製材加工を行い、付加価値を付けて販売し、併せて雇用の創出を図る目的で、平成22年5月から操業を開始しました。

 ここ西海地域は、人工林のうち9割がヒノキ林であり、製材用丸太は95%がヒノキとなっています。
ヒノキが育つ土地はやせているので、年輪がつまった、ピンク色の材が取れ、木材市場や韓国輸出、地元消費者から高い評価をうけています。

 製材するヒノキ丸太は、近隣の山林から西海支所が伐り出した間伐材を使って、大量生産型ではなく、1本1本を大切に挽いています。ぜひ、皆様に西海ヒノキの素晴らしさを知っていただきたいと思います。

木材の販売

製材品・・・ヒノキ、スギを販売しています。取扱商品は、建築用の各種角材・板材と壁板、フロアー材です。

丸 太・・・ヒノキ、スギを販売しています。

木工品・・・ベンチ、フラワーポット、本棚等を作りますが、現在は、少量の注文は対応できません。